漫画

怪獣8号第1巻、ジャンプ+史上最速閲覧数突破!

怪獣8号第1巻アイキャッチ

怪獣8号とは

2020年7月3日「少年ジャンプ+」より連載が開始。S N Sで面白い!と話題が沸騰しました。現在(1月28日)約6000万も閲覧者数突破しており、ジャンプ+史上最速なんです。 ちなみに第1巻(2020年12月9日第1刷発行)の帯には3000万と書いてあったので約2ヶ月ですごい伸びです。

あらすじ

次はあらすじについてです。

怪獣8号1巻の背表紙から引用しました。

怪獣発生率が世界屈指の日本。この国は、容赦なく怪獣が日常を侵していた。

かつて防衛隊員を目指していたが、今は怪獣専門清掃業で働く日比野カフカ。ある日カフカは、

謎の生物によって、身体が怪獣化、怪物討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と

呼ばれる存在になる。

という感じです

作中での怪獣は、まさに日本の地震や津波のような”自然災害”であり、それらを防衛隊員が討伐していくっていうのがざっくりとしたストーリーです。その怪獣に主人公がなっちゃってます。

感想

結論から言うとめちゃくちゃ面白い。続きが気になる系の漫画です。面白すぎてつい最新話の23話(一巻は1~7話)まで一気読みしてしまいました。

ジャンプ+で無料連載されている作品は「無料で読んで良いの?」ってなるくらい良作ばかりで本当にすごい。特に最近話題の『地獄楽』とか『スパイファミリー』とか。週刊ヤングジャンプで連載されている『推しの子』もジャンプ+で無料で読めるんですがこれも個人的今トップレベルで面白いです。

主人公の日比野カフカはまさかの32歳のおっさんでびっくりしましたが30代と

は思えないくらい主人公が主人公していて、いざとなると言動がかっこいい。しかも王道中の王道ってくらいジャンプっぽいです。読んでいて応援したくなる気持ちになりました。絵も上手だし、話の内容も軽くてスラスラ頭に入ってくるのでとてもテンポ良く読めます。そしてコメディ要素も多いので笑えるところがたくさんあります。グロテスクな表現とかもないので誰にでもお勧めできます。

今後の展開の予想としては読んでいてちょっと『ワールドトリガー』ぽいなと思ったのでそのうち討伐隊にバレて最初は揉めるが最終的に怪獣としても仲間になるのだと思います。

連載の感想まとめ

みなさんがジャンプ+に載せているコメント(第一話)を一部引用します。

何これ!!メチャクチャおもしろそうやん!!

1話目から怒号の展開すぎる・・・絵も上手いしストーリーも分かりやすいし滅茶苦茶良いぞこれ・・・

新連載でここまで面白いのいつぶりだろ・・・看板目指せるレベル!

こ れ は 超 期 待!!

これはきたね!神漫画の予感

と似たような評価のコメントがざっとみた感じほとんどでした。(4981中)1話だけで読者からの評価がこんなに高い漫画ってすごいです。本当になんで本誌のほうに載らなかったのだろう、って思います。

そして怪獣専門清掃業でバイトにきた市川レノくんが顔も中身もイケメンで、1巻で推し確定しました。笑

最初ツンツンしていて生意気なキャラなのかと思っていましたが、すごく良い子です。これからもっと市川レノくん推し増えると思います!

ABOUT ME
kirara
kirara
2次元と声優が大好きな大学生です。 櫻井孝宏さん推しです。